出会い

理想の年下男子

理想の年下男子

理想の年下男子に着せるシャツを、先に買う

あなたが好きなタイプの年下男子を、思い描いてみてください。

イメージがはっきりしたら、理想の年下男子に着せたいお洋服を、買いにゆきましょう。

私自身、ひとりでこんな遊びを楽しんでいました。決まりきった日常に、このような飛躍は楽しいものです。
ものごとを順番通りに考えるクセから、抜け出してみましょう。
いない相手の洋服選びは、あなたを芸術家にし、日常という鎖に繋がれた心を、自由にしてくれます。
彼に着せてみたい服は、どんなものでしょう。
ミリタリーっぽい、ワイルド系?
それとも、ユルめのかわいい系?
スーツスタイル?
ネットでお買いものは、ダメです。実際に出かけましょう。
新宿より渋谷の、あのあたりのショップかなあ。
なんて、目星をつけて。
ショップの店員さんに、
「彼氏へのプレゼントですか?」なんて、聞かれたり。
「はい」なんつって。

サイズも大事です。
理想の年下男子の身長は?
Mでいいのかな、それともL?
買うのは、ボトムスより、ハンガーで部屋に吊るしておける、シャツやジャケットがいいでしょう。
値段は、高いものでなくてもいいのです(私は気合で、2万円使っちゃいましたが)。
メンズのシャシなら、1000円くらいで買えるお店もあります。

お買いものを済ませたあなたは、帰りの電車の中、メンズシャッの入ったショップの袋を、大切そうに抱え、心地よい違和感にひたっているでしょう。
初恋モードに近づきましたね。まだ見ぬ年下男子のためのかっこいいシャシは、ハンガーにかけ、部屋の片隅に吊るしておきましょう。
あなたは恋人のシャツを、先に手に入れたのです。心配しなくても、中身は、あとで手に入ります。
とっても、不思議な感じがしますね。
普段と変わりなく暮らしていても、部屋の片隅のシャツで、いるはずのない、誰かの気配を感じる。
ここでの出会いが起こりそうな予感がしてきましたか?


出典:

モテモテおねえさまに、なっちゃおう!

モテモテおねえさまに、なっちゃおう!

男子にモテる方法を、ひとことで言ってしまうと、
「女らしく装い、中身は男になる」ことです


ほとんどの男子は、細かいことを気にしない、おっとりした感じの、無防備な女子が好きです。
あなたの周りの「モテおねえさま」、当てはまりませんか?
実はこれ、男子の本質が、あまりギスギスとできていないから、無理なくつきあえる相手として、安心して選んでしまう典型的なタイプなんです。
つまり、男に近いわけです。男の人って、ほんとうにお人よしで、やさしくできていますし、だまされていても気がつかない人が多いんです。

男性向けのお色気産業は、いつの時代も繁盛しますが、女性はプライドが高く、おサイフのヒモも固いので、よっぽどお姫様扱いしないと、お色気産業にハマッたりしません。


年下男子を引きつける「おとなのおねえさま」とは?

男=心やさしい、「チン」の奴隷
女=かしこい、「子宮」の門番


これが生まれ持った、男女の本質です。
男子は、生まれつき浮気の虫を飼っていますので、発覚したとき、猛攻撃しそうな女性を、本能的に遠ざけたがります。
女のかしこさが前面に出た、しゃべりの立つ、抜け目がなさそうな、神経がぴりぴりしたタイプの女性が苦手なわけです。
そういう女性は、たとえ美人であっても、敬遠されたり、まったく声がかからなかったり。
なんでこの人がモテないの?なんてことになるわけです。
年上のおねえさまと、年下男子の組み合わせだと、なおさら、おっとりした感じに見せたほうが、相手は油断します。
年下男子にとって、年上のおねえさまは、ただでさえこわそうな「経験の怪物」なのですから。

参考:

恋はおとなの、遊園地

恋はおとなの、遊園地

ブティック、レストラン、コンサート、読書に映画に音楽、海外旅行、エステ。
人それぞれ、仕事の合間に楽しみたい、いろんな遊園地を持っていると思います。
恋は、その最たるもの。恋する女は、輝いている。

恋は、いつもと変わらない風景も、息を呑むほど感動的な、極上の景色に変える力を持っている。恋は平凡な毎日を、すてき色に塗り替える魔法。
ここで出会った恋人とデート中に聴いた歌は、特別な一曲になるし、イマイチ面白くない映画でも、ふたりで観ると愉快。
恋の魔法がふりかけられた時間は、夢見ゴコチ。さあ、スタートラインに戻って、恋をピュアな気持ちで見つめてみましょう。
いいですか、あなたがこれからワナにかけようとしているのは、年下男子なのです

年下男子を引きつける「おとなのおねえさま」とは?

あなたが、ピュアな気持ちでスタートしないことには、はじめの一歩は踏み出せません。
とびきり美しい気持ちで、相手をワナにかけてゆくのです。

まず初恋からやはじめてみる

まずはお買いもので、初恋モードになってみましょう。
お買いものは、心に遊園地を持ちたいおれえさまにとって、もっとも大切な儀式です。
「モノ」ほど確実に手に入り、人をその気にさせてくれるものは、ないのですから。
モノは、生きています。
手作りでなくとも、工場で大量生産されたものであっても、100円ショップに並ぶモノでも、
商品には、それを考え出した人の苦労や、願いがこもっています。
モノは人が作った「夢」なんです。

さあこれから、お買いもので、あなたの経験値をいったんゼロに戻し、少女になって、あらためて恋というものを、しげしげと眺めてみてください。

参考:安心出来る 出会系