恋はおとなの、遊園地

ブティック、レストラン、コンサート、読書に映画に音楽、海外旅行、エステ。
人それぞれ、仕事の合間に楽しみたい、いろんな遊園地を持っていると思います。
恋は、その最たるもの。恋する女は、輝いている。

恋は、いつもと変わらない風景も、息を呑むほど感動的な、極上の景色に変える力を持っている。恋は平凡な毎日を、すてき色に塗り替える魔法。
ここで出会った恋人とデート中に聴いた歌は、特別な一曲になるし、イマイチ面白くない映画でも、ふたりで観ると愉快。
恋の魔法がふりかけられた時間は、夢見ゴコチ。さあ、スタートラインに戻って、恋をピュアな気持ちで見つめてみましょう。
いいですか、あなたがこれからワナにかけようとしているのは、年下男子なのです

年下男子を引きつける「おとなのおねえさま」とは?

あなたが、ピュアな気持ちでスタートしないことには、はじめの一歩は踏み出せません。
とびきり美しい気持ちで、相手をワナにかけてゆくのです。

まず初恋からやはじめてみる

まずはお買いもので、初恋モードになってみましょう。
お買いものは、心に遊園地を持ちたいおれえさまにとって、もっとも大切な儀式です。
「モノ」ほど確実に手に入り、人をその気にさせてくれるものは、ないのですから。
モノは、生きています。
手作りでなくとも、工場で大量生産されたものであっても、100円ショップに並ぶモノでも、
商品には、それを考え出した人の苦労や、願いがこもっています。
モノは人が作った「夢」なんです。

さあこれから、お買いもので、あなたの経験値をいったんゼロに戻し、少女になって、あらためて恋というものを、しげしげと眺めてみてください。

参考:安心出来る 出会系