夫婦関係の存続

私は以前、個人的な欲望を子育てへの強い力へ昇華させたときに、身をゆだねるようになったことについて述べた。

親になるのはもちろん大変なことだが、結婚生活で発生するにちがいない誠歩や妥協と比べたら楽なものだ。
子供に対する愛情は複雑ではなく、自然で純粋で無限である。
子供は私たちから生まれ、体つきも顔も似ていて、脚と同じように、自分自身の自然な延長なのだ。私たちは疑いも策略もなく、無条件に子供を愛する。

結婚相談所 大阪 結婚の場合、愛や献身の度合いがどんなに深かろうと、相手は所詮「他人」だし、非常によく知っていると思っても、いつもどこかしら見知らぬ人のままだ。
私たちは血も遺伝子もちがえば、おそらく共通の関心さえ持ち合わせていない。
それなのに、私たちは出会い、結婚し、いまでは家や互いの家族、そして子供たちまで共有するようになった。
それが地獄になることは、ありうる。

結婚生活に身をゆだねる。それは、最も不思議でむずかしい、しかし重要な人間関係を成功させるには、
次々と押し寄せる悲しみや怒りを乗り越え、それを結婚という構造の一部として受け入れなくてはならない、と認識することだ。
あるひとつの明確な関係を結び、子供たちがしがみつく岩でいられるという深遠なる喜びが、結婚に伴うのも事実ではあるが。

結婚生活に身をゆだねる。それは、本当は悪意に満ちた暴言を吐きたい気分のときさえ、大きな心で相手を許さなくてはならない、という意味だ。
本でも読んでいたい、眠っていたい、と思うときでも、相手の背中をなでたり、逆になでてもらったりしなくてはならない。
夫婦関係を存続させなくてはならないし、それが死にかけたときには、生き返らせなくてはならないのだ。
私たちは現実に身をゆだね、夢物語をあきらめなくてはならない。

不完全な夫、不完全な妻

相手が腕力や言葉、あるいはまったくの無関心によって私たちを傷つけ続けているのでないかぎり、ここでの結婚相談所 比較 結婚に身をゆだねるとは、とどのつまり、
結婚を解消したからといって事態が好転するわけではない、と知るようになることだ。
なぜなら、どこへ行っても、私たちは私たちだからである。
結婚生活を捨てて、別の人のもとへ走ったところで、その人は自分が捨てた人よりも、さらに大きな重荷を背負っているのに気づく場合が多い。
非難の矛先を向ける長年の不完全な相手がいなくなったとき、ずっと自分を苦しめてきた原因は、不完全な自分自身のほうにあったことがわかるのだ。
私が到達した結論は、自論を証明するために広範囲にわたる長期的な研究をおこなった、学問的なものでも、精神的なものでもない。
数多くの人たちに、数多くの恥ずかしくなるような質問を、キッチンやレストランや飛行機の中や散歩中の砂浜や、電話やEメールで浴びせた、
詮索好きな一ジャーナリストとして、こうした結論に達したのだ。
それはアメリカの津々浦々から集めた、さまざまな収入レベルと文化的背最を持つ男女の声を代弁している。
とはいえ、一番すばらしい内容の多くは私自身のたまり場、つまりワシントンDC近辺に住む友達や、
ジャーナリスト、芸術家、看護婦、医師、弁護士、ウェイトレス、女相続人などから聞いた、苦悩の声がもとになっている。

理想の年下男子

理想の年下男子に着せるシャツを、先に買う

あなたが好きなタイプの年下男子を、思い描いてみてください。
たとえば髪型は、ちょっと長め。
くちびるはポッテリと厚く。
華著に見えるけど、意外と広い背中。
「狼少年ケン」みたいに(古)、健康的な褐色の肌。

おなかには、ひそかにワルぶった、へそピアス。
あ、思いっきり自分の好みを書いてしまいました。

イメージがはっきりしたら、理想の年下男子に着せたいお洋服を、買いにゆきましょう。

私自身、ひとりでこんな遊びを楽しんでいました。決まりきった日常に、このような飛躍は楽しいものです。
ものごとを順番通りに考えるクセから、抜け出してみましょう。
いない相手の洋服選びは、あなたを芸術家にし、日常という鎖に繋がれた心を、自由にしてくれます。
彼に着せてみたい服は、どんなものでしょう。
ミリタリーっぽい、ワイルド系?
それとも、ユルめのかわいい系?
スーツスタイル?
ネットでお買いものは、ダメです。実際に出かけましょう。
新宿より渋谷の、あのあたりのショップかなあ。
なんて、目星をつけて。
ショップの店員さんに、
「彼氏へのプレゼントですか?」なんて、聞かれたり。
「はい」なんつって。

サイズも大事です。
理想の年下男子の身長は?
Mでいいのかな、それともL?
買うのは、ボトムスより、ハンガーで部屋に吊るしておける、シャツやジャケットがいいでしょう。
値段は、高いものでなくてもいいのです(私は気合で、2万円使っちゃいましたが)。
メンズのシャシなら、1000円くらいで買えるお店もあります。

お買いものを済ませたあなたは、帰りの電車の中、メンズシャッの入ったショップの袋を、大切そうに抱え、心地よい違和感にひたっているでしょう。
初恋モードに近づきましたね。まだ見ぬ年下男子のためのかっこいいシャシは、ハンガーにかけ、部屋の片隅に吊るしておきましょう。
あなたは恋人のシャツを、先に手に入れたのです。心配しなくても、中身は、あとで手に入ります。
とっても、不思議な感じがしますね。

普段と変わりなく暮らしていても、部屋の片隅のシャツで、いるはずのない、
誰かの気配を感じる。
ここでの出会い系 サクラいない 出会いが起こりそうな予感がしてきましたか?

モテモテおねえさまに、なっちゃおう!

男子にモテる方法を、ひとことで言ってしまうと、
「女らしく装い、中身は男になる」ことです


ほとんどの男子は、細かいことを気にしない、おっとりした感じの、無防備な女子が好きです。
あなたの周りの「モテおねえさま」、当てはまりませんか?
実はこれ、男子の本質が、あまりギスギスとできていないから、無理なくつきあえる相手として、安心して選んでしまう典型的なタイプなんです。
つまり、男に近いわけです。男の人って、ほんとうにお人よしで、やさしくできていますし、だまされていても気がつかない人が多いんです。

男性向けのお色気産業は、いつの時代も繁盛しますが、女性はプライドが高く、おサイフのヒモも固いので、よっぽどお姫様扱いしないと、お色気産業にハマッたりしません。


年下男子を引きつける「おとなのおねえさま」とは?

男=心やさしい、「チン」の奴隷
女=かしこい、「子宮」の門番


これが生まれ持った、男女の本質です。
男子は、生まれつき浮気の虫を飼っていますので、発覚したとき、猛攻撃しそうな女性を、本能的に遠ざけたがります。
女のかしこさが前面に出た、しゃべりの立つ、抜け目がなさそうな、神経がぴりぴりしたタイプの女性が苦手なわけです。
そういう女性は、たとえ美人であっても、敬遠されたり、まったく声がかからなかったり。
なんでこの人がモテないの?なんてことになるわけです。
年上のおねえさまと、年下男子の組み合わせだと、なおさら、おっとりした感じに見せたほうが、相手は油断します。
年下男子にとって、年上のおねえさまは、ただでさえこわそうな「経験の怪物」なのですから。

恋はおとなの、遊園地

ブティック、レストラン、コンサート、読書に映画に音楽、海外旅行、エステ。
人それぞれ、仕事の合間に楽しみたい、いろんな遊園地を持っていると思います。
恋は、その最たるもの。恋する女は、輝いている。

恋は、いつもと変わらない風景も、息を呑むほど感動的な、極上の景色に変える力を持っている。恋は平凡な毎日を、すてき色に塗り替える魔法。
ここで出会った恋人とデート中に聴いた歌は、特別な一曲になるし、イマイチ面白くない映画でも、ふたりで観ると愉快。
恋の魔法がふりかけられた時間は、夢見ゴコチ。さあ、スタートラインに戻って、恋をピュアな気持ちで見つめてみましょう。
いいですか、あなたがこれからワナにかけようとしているのは、年下男子なのです

年下男子を引きつける「おとなのおねえさま」とは?

あなたが、ピュアな気持ちでスタートしないことには、はじめの一歩は踏み出せません。
とびきり美しい気持ちで、相手をワナにかけてゆくのです。

まず初恋からやはじめてみる

まずはお買いもので、初恋モードになってみましょう。
お買いものは、心に遊園地を持ちたいおれえさまにとって、もっとも大切な儀式です。
「モノ」ほど確実に手に入り、人をその気にさせてくれるものは、ないのですから。
モノは、生きています。
手作りでなくとも、工場で大量生産されたものであっても、100円ショップに並ぶモノでも、
商品には、それを考え出した人の苦労や、願いがこもっています。
モノは人が作った「夢」なんです。

さあこれから、お買いもので、あなたの経験値をいったんゼロに戻し、少女になって、あらためて恋というものを、しげしげと眺めてみてください。

WordPress Themes